スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごいぞ!! 公認会計士、史上最年少合格

難関の公認会計士試験に16歳で合格した少年がでたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101115-00000145-jij-bus_all


すごいね!!
用語の意味を理解するだけでも大変だろうに。

通信制の高校に通って、というのもすごい。
もちろん、わざわざ通信制高校を選ぶのは、会計の勉強に集中するためだろうけど、
これには相当な勇気が必要だと思う。

父親が会計士ということは、当然のように一流大学を出ているわけで、
そういう人は自分の息子にも同じような道を歩んでほしいと無意識に思うはず。

そこを会計一直線ですからねえ。

勝手な想像だけど、この父子はすごくいい信頼関係を築いているんだと思う。

会計に子供が興味を持つというのは、普通ではなかなか考えにくい。
接点もないし、あっても興味を抱かないよね。

よっぽど父親の頑張っている姿や生き生きとした姿を日ごろから見ているか、
あるいは、父親が会計の素晴らしさや楽しさを日ごろから子供に伝えていないと、
こういう道を目指そうとは思わないでしょう。

合格した彼の努力も素晴らしいですが、その道をひらいてサポートしてあげたご両親も
(会ったことはないですが)とても素晴らしい人なんだろうと思います。

もう大学なんて、いく必要ないよ。
父親の事務所で3年くらい実務経験を積んだら、
早々に開業したらいい。

この道を極めきってほしいですね。
今後のご活躍をお祈りしています。頑張れ~!

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。